入試情報

本校の期待する生徒の姿

本校は、「今までよりも、これから」という理念のもと、「チャレンジする人間」、「創造的な人間」、「信頼される人間」の育成を教育目標としている学校です。過去に不登校や中途退学を経験した生徒であっても、学ぶ意欲や熱意があればチャレンジすることができます。

本校では次のような生徒が入学することを期待します。

  1. 本校の特徴である3部制の単位制総合学科についてよく理解している生徒
  2. これからの自分に目標をもち、それにチャレンジして自らの進路を切り拓(ひら)こうとする生徒
  3. 基礎学力を身に付けるとともに、「情報・ビジネス」、「伝統・文化」、「生活・福祉」などに関する学習を通して個性を伸ばそうとする生徒
  4. 体験的な学習や地域での活動などを通して、マナーとボランティア精神を身に付けようとする生徒

入学者選抜について

2月に行われる1次募集では、1学年相当および2学年相当以上の募集を行います。

(注)第2学年相当以上の入学者選抜は、以前に高等学校に1年以上在学し、出願時に高等学校に在籍していない人で、19単位以上修得している人が対象の編入学試験です。第2学年相当以上の受検を希望する方は、必ず事前にご相談ください。

8月には、1学年相当の「転入学試験」を行います。募集人員は10名です。
(転入学試験の応募条件として、高等学校に在学していることが必要です)

東京都教育委員会に都立高校の入試に関する詳しい情報が掲載されています。

(参考)平成29年度 募集人員(平成29年 2月 実施)

  募集
人員
受検者数(合格者数) 受検倍率
 男子 女子
 第1学年
相当
140名 160
(59)
132
(87)
292
(146)
2.0

※平成30年度の募集人員は、9月頃に公表予定です。

平成30年度 入試の日程について

出願日

平成30年 2月 6日(火)
平成30年 2月 7日(水)

検査(作文・面接)

第2学年相当以上
平成30年 2月22日(木)
第1学年相当
平成30年 2月23日(金)
平成30年 2月24日(土)
※2日間にわたり検査します。

合格者の発表

平成30年 3月 1日(木)

選抜の方法について

  • 学力検査は行いません。
  • 志願申告書・面接(個別面接)・作文(50分・600字程度)の3項目のみで選抜をします。
  • 調査書・自己PRカードの提出はありません。

検査項目と配点

学力検査 調査書
自己PRカード
志願申告書
出願時に提出
面接 作文
実施しない 提出しない 250点 600点  400点

(注)面接は面接官2名、受検者1名の個人面接。
(注)作文は50分間、600字程度で実施。

作文問題例

これまでに出題された作文の題には、次のようなものがあります。

平成29年度(平成29年 2月実施)

[1学年相当]
厚生労働省が実施している「新規学卒者の就職離職状況調査」によると、三年以内離職率は年度によって多少の差はありますが、大卒者は約三割、高卒者は約四割です。約三割の大卒者と約四割の高卒者が三年以内に離職してしまうのはなぜなのか、あなたの考えを述べなさい。また、このことを踏まえて、社会に出る前に高校生活で身に付けておくべきものは何だと考えますか。そして、それを身に付けるためにどのような高校生活を送りたいと思いますか。
六〇〇字程度で具体的に述べなさい。
[2学年相当以上]
現在東京には、様々な民族・宗教・文化的背景を持った外国人が暮らしており、二〇二〇年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会を控え、今後も東京で暮らす、東京を訪れる外国人の方はますます増加することが予想されます。「多文化共生社会」に必要なこととは、どのようなものだと考えますか。また、このことを踏まえて、高校生活で身に付けておくべき力は何だと考えますか。そして、それを身に付けるためにどのような高校生活を送りたいと思いますか。
六〇〇字程度で具体的に述べなさい。

平成28年度(平成28年 2月実施)

[1学年相当]
インターネット・携帯電話の利用に関して、都立高校生の26.7パーセントが一日に三時間以上 SNS(※1)を利用し、都立高校生の88.0パーセントは家庭等でルールを決めていないという調査結果(※2)が出ました。このことを踏まえて、あなたは、どのようにインターネット・携帯電話と関わり、どのような高校生活を送りたいかを六〇〇字程度で具体的に述べなさい。

※1 SNS … ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略。
ネットワーク上のコミュニケーション機能をもったサービス全般を指す。(メール、掲示板、無料通話アプリ、ゲーム、画像投稿サービス等)

※2 「SNS東京ルール」の策定について …  東京都教育委員会(平成27年11月26日)による
[2学年相当以上]
国会で選挙権を十八歳に引き下げる法案が成立し、多くの若者が新たに有権者となることになりました。「有権者として必要な力」とはどのようなものだとあなたは考えますか。また、その力を身に付けるために、どのような高校生活を送りたいと思いますか。
六〇〇字程度で具体的に述べなさい。

平成27年度(平成27年 2月実施)

[1学年相当]
あなた自身のこれまでの様子を表す漢字と、それを踏まえた、大江戸高校に入学後の一年間を表す漢字を、一字ずつ解答用紙の所定の欄に書いてください。また、それらの漢字を選んだ理由を六〇〇字程度で書いてください。
[2学年相当以上]
「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。」(吉田 松陰)

上の文章を読んで、あなたが考えることを書きなさい。その上で、自分自身の夢を実現するために、あなたはどのような高校生活を過ごしたいかを、「理想」「計画」「実行」の三つの言葉を必ず文中に入れ、大江戸高校の特徴に触れながら、合わせて六〇〇字程度で書きなさい。