単位制

単位制は、学年制とは異なり、自分の目標に適した科目を選択し決められた単位数を取得すれば卒業ができる制度です。ただし、必ず履修する科目も各年次にあります(必履修科目)。

学年制ではありませんが、学年制の「いいところ」(クラスや学年での行事・HR活動など)を取り入れて、学校生活をよりよいものにできるよう工夫がなされています。

 

単位とは

1週間に受ける授業の時間数です。例えば、1週間に2時間学ぶ科目は「2単位」となり、出席・学業成績ともに条件を満たした場合、2単位を修得できます。

 

卒業までに何単位必要か

高等学校卒業までには、最低74単位(LHRを除く)が必要です。

本校では、「74単位・3年以上」という条件のなかで、どのように組み合わせて卒業するかという計画が、ある程度の範囲で、あなたに任されていることが特徴です。

卒業までに何年かかるか

通常、定時制は1日4時間授業が基本です。そのため、1週間では
(4時間×5日)―1時間(LHR)=19時間
の授業が限界です。つまり、74単位にするためには、
74÷19=3.89
というように4年間必要になります。

ただし、これは通常の定時制の枠で考えた場合の数です。

 

3年で卒業することはできるか

本校では3年で卒業可能です。

本校では、1日12時間の授業を展開しています。自部の4時間以外に8時間も授業が行われており、条件が合えば、他部で行われている8時間の授業も履修することができます。

例えば、他部の授業を6時間履修すると、

(19単位+6単位)×3年間=75単位

となり、3年間で74単位を超えるため卒業が可能です。