高校生書評合戦(ビブリオバトル)参加報告

 10月6日(日)水道橋の東京都教職員研修センターにおいて、令和元年度高校生書評合戦(ビブリオバトル)が開催されました(参加158校・発表者290名)。本校からは7月17日に図書委員会主催ビブリオバトル大会(校内予選)で1位になった星野友菜さん(3-2)と2位の鶴巻英美子さん(3-3)が参加しました。ビブリオバトルとは各自のおすすめの本を5分間紹介し、その中で参加者が一番読みたくなった本を選ぶというイベントで、東京都では高校生書評合戦が平成25年度(2013年)から開催され、今年で7年目になります。
 星野さんの紹介した本『昔話法廷』は第17会場1回戦(発表者7名)で見事チャンプ本に輝き、準決勝に進みました。その後の準決勝では惜しくも勝ち上がることは出来ませんでしたが、善戦しました。鶴巻さんが第3会場1回戦(発表者7名)で紹介した『セーラー服の歌人鳥居』は残念ながらチャンプ本にはなれませんでしたが、他の出場者から多くの共感を得たようでした。
※大会の規定で、紹介する本は校内予選と異なってもよいことになっています。

図書委員会主催 ビブリオバトル大会 報告(高校生書評合戦予選)
 7月17日(木)図書室において、図書委員会主催のビブリオバトル大会が開催されました。発表者(バトラー)は5人、聴衆者も含めて39名の参加がありました。
 5人の発表者の生徒たちは、各自のおすすめ本を5分間紹介しました。どれも熱のこもったプレゼンテーションでしたが、投票の結果チャンプ本は『昔話法廷』金の星社に決定しました。

5人のバトラーが紹介してくれた本は以下の通りです(発表順)。

1.『The Book』 乙一  集英社
2.『昔話法廷』 NHK E テレ  金の星社 ←チャンプ本(星野友菜さん3-2)
3.『波打ち際の蛍』島本理生 角川書店
4.『誰もボクを見ていない』山寺香 ポプラ社←2位(鶴巻英美子さん3-3)
5.『この嘘がばれないうちに』  川口俊和 サンマーク出版