「日本学生支援機構奨学金について」 進路指導部より

2・3・4年次の皆さんへ
3月25日(水)のLHRで、日本学生支援機構の奨学金に関するリーフレットを配付します。また、奨学金説明会(令和2年4月18日(土)開催予定)のお知らせを同時に配付します。対象は、令和3年4月に上級学校に進学予定の生徒です。奨学金の申請に関する詳細は4月以降に説明します。

春休み中に確認してほしいことは、以下のとおりです。
●新しい給付型奨学金制度が始まります。給付型奨学金は今もありますが、新しい制度は大幅に対象が広がり、支援額も四年制大学の私立・自宅外では年額にして約91万円になります。また給付型奨学金と併せて、授業料と入学金も支援してもらえるようになります。
●給付型奨学金は、大学・短期大学・専門学校に進学する人で、経済状況及び学力の条件に合う人が対象です。
●奨学金の申込書類は四月に学校に届きます。希望者には書類を配付しますから、いざ募集が始まってからあわてることのないように、事前に次のことをやっておきましょう。
1 配付したリーフレットと説明会のお知らせは、必ず家に持ち帰り、奨学金の申込について、保護者とよく話し合いをしてください。
2 リーフレットの表面にあるQRコードで「高等教育の修学支援新制度」という特設サイトにつながります。新しい制度の概要を確認しましょう。
3 リーフレットの中面にある進学資金シミュレーターのQRコードからは、支援額が試算できるシミュレーションツールを利用できます。自分が対象になるかどうかの可能性を確認しましょう。
●給付型奨学金の条件に合わなくても、貸与型の奨学金があり、4月下旬に募集が始まります。

●日本学生支援機構の奨学金の申し込みには、マイナンバーの提出が必要になります。